FC2ブログ

【公式ブログ】富士サンケイトレード株式会社

富士サンケイトレードより「バスしょっぷ」 「バスぱーつ」&「BusParts」の最新情報
MENU

HIDが!プライスダウン!!

プライスダウン中!の
当社自慢「HIDキット」についてウンチク?を少々
語ってみたいと思います。

まずは・・・・

HIDってなに?
走行中に、やけに真っ白いライトのクルマって見たことありませんか?つまりソレです(笑)
最近ではHIDが標準装備の車も多くなってきましたが、まだほとんどの車は「ハロゲンランプ(黄橙色)」を装着しています。
HIDとは「High Intensity Discharge」の略で、直訳すると「高輝度放電装置」といいます。
普通のライトと何が違うかというと、インバーター・イグナイターと呼ばれる部分で車の電力を高電圧に換え、
バルブ内の電子と金属原子を衝突させて発光させるのです。つまり「蛍光灯」に近い仕組みですね。
したがって、 フィラメントを持たない全く新しい自動車用ヘッドライトシステムになります。
その明るさはハロゲンの比ではありませんよ! こんなに良い事だらけなのにさらに省電力!!なのです。

HIDってどうつけるの?
HIDはランプだけではなく、システムごと変えなければならないのをご存じですか?
ハロゲンランプからHIDに交換する場合には、そのままバルブを変えることはできないのです。
じゃあどうやって交換するのか?
ハロゲンランプからHIDに交換する場合、HIDキットを購入してシステム部分も取り付けが必要です。
ただこの作業は、HIDのバルブが非常に繊細なため自分で交換するのはかなり大変。
バルブを取り付け、システム部分を取り付け、システムへの電源線を増設して・・・・と
何かと面倒な作業です。

そこで!この作業を簡素化して皆にHIDの良さ広げよう!ってことで
当社開発の製品は誰でも簡単に取り付けができるように
本来は、バッテリーから電源を取り、リレーを取り付け、
ユニットを取り付けて配線を取り付けて・・・・
といった作業を簡素化し、
従来のバルブについているカプラーをHIDユニットへ繋げるだけ!
と誰でも簡単にできるようにしました。

また、当社のHIDのケルビン数は「4300K」と
全天候型に適した色温度を選定しました!


では、ケルビン数ってなに?
ケルビン=K は絶対温度で温度を示す記号です。
温度を色で表現すると・・・
温度が低ければ赤く、高くなれば青くなっていきます。
ですから、ヘッドライトの色をこのケルビンを用いて表現します。
ですので、数値と比例して、赤→黄色→白→青 色となります。

そこで注意!
ケルビン数は明るさの値ではない!ということです。
色温度とは光りの色を数値で表したもので、色温度が高くなると、
赤→黄色→白→青と変化していき、
明るさは低下していきます。



では、明るさの単位は?
ルーメン(lm)という値で表されます。
ルーメンとは光の量を表す単位で、この数値が大きいほど明るいということになります。

で、問題は、このルーメン数とケルビン数は相反するもので、
ケルビン数を上げるとルーメン数が下がります。
例えば・・・・
4300ケルビンで3200ルーメンほどあるのに対し、
6000ケルビンになると、2900ルーメンほどまで下がってしまいます。
さらに8000kともなると2200ルーメンまで下がってしまいます。

ただ、多くの人は、白い光を好むため、6000ケルビン前後(太陽光と同じ色合い)
の色温度を好みます。
これ位になると、見た目や照らした光は白いので、晴れの日は物の色が
はっきり分かるので見やすく感じます。
しかし、雨の日は光りが乱反射してしまい、見にくくなります。
逆にケルビン数が低い(黄色い)と、雨の日では見易く感じます。


だから4300K!
本来は、雨、雪、霧に強い「黄色」の3000kのHIDがベストなのですが
道路交通法改正後「黄色」の使用は出来なくなりました。
ですので、その次に適合する(車検に)数値は?となると
4300kになるのです。



こういった内容を踏まえて是非!
当社自慢の「HIDキット」をご堪能ください!
更に更に!、ご購入者の方々からの盛大なご好評を頂いておりますので
価格も一気に改正し「リーズナブル」な価格となっておりますので
この機会をお見逃しなく!!

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。